頭皮湿疹にタバコはよくない

頭皮湿疹にタバコはよくない

タバコは血流を悪くするので、皮膚にもよくないとわかっていながら、1日10本程度吸います。

よく調べたら、タバコも脱毛の原因なんですよね。。

毛根の下は血管がありますからね。

発毛で話題になった水道橋博士も禁煙に成功してましたし。

でも、これは、なかなか止められません。。。



が、


タバコごときでハゲたくありません。

一念発起して、禁煙を決意。


「禁煙」とか「断煙」とかいうと、ちょっとプレッシャーになってしまうので、「ちょっとタバコを吸うのを休憩中。」という、ゆるい感じでタバコをやめてみました。

今では医者に行くと、チャンピックスとかいう薬を出してくれるらしいですが、僕は、医者にも行かず、二コレットも使わず、電子タバコとミンティアだけでタバコをやめることに成功しました。


禁煙に成功した今は、もう電子タバコは使ってませんが、はじめのうちは、効果絶大でした。

ちょっと高かったですけど、結局元も取れましたし、体も軽くなり、抜け毛も少なくなり、いいことずくめです。

ウワサの「1本だけお化け」も、これで退治できそうです。(笑)

脂漏性皮膚炎でお悩みの方で、喫煙している人は、絶対禁煙した方がいいですよ。






運動不足もよくない

運動不足もよくない

運動は、通勤で15分程度自転車に乗ったり、エレベーターではなく階段を使ったりする程度で、他はあまりしていません。

時折、ジムに行く程度です。

汗をかく機会が少ないと、皮膚の代謝も上がらないので、運動不足も脂漏性皮膚炎にはあまりよくないのかもしれません。

どのみち運動不足はいけないことなので、なるべく体を動かしたほうがよさそうです。

タグ:運動

アトピーだと脂漏性皮膚炎になりやすい?

アトピーだと脂漏性皮膚炎になりやすい?

私は、小さい頃からアトピー性皮膚炎に悩まされていました。

大人になって、小さい頃よりは症状はだいぶよくなりましたが、完治はしていません。

今でも耳たぶ、首、手首、脇腹などにアトピーの症状が出ます。

春と秋は花粉症で、夏は汗で、冬は乾燥で、とそれぞれの季節で皮膚への対策が必要です。

敏感肌なので、バリア機能をキープするために、保湿をしっかりとすることを心がけてはいます。

皮膚科の先生から処方してもらっているステロイド剤などの薬を、症状によって使い分けています。

最初、頭皮にかゆみが出た時は、頭皮にアトピーが発症したと思いました。

アトピー体質だと、ひょっとしたら脂漏性皮膚炎になりやすいのかもしれません。

頭皮に優しい水を使おう

頭皮に優しい水を使おう

水は、特に気にすることなく、普通の水道水を、お風呂や飲食に使っていました。

お風呂については、温泉では何ともないのに、家で普通にお風呂に入ると、いつも肌がピリピリして、掻いたりしていました。

きっと水道水がよくないんだな、と漠然と思ってはいたものの、特に対策は立てていませんでした。

よく考えれば、石鹸や洗剤を肌にいいものに替えても、水をよくしないとダメですもんね。

脂漏性皮膚炎とわかってからは、肌に優しい水が出るシャンプーヘッドに替えて、それを入浴するときに使うようにしました。

飲食用については、ミネラルウォーターを摂取するようにしたり、浄水器を蛇口に取り付けたりしました。

頭皮湿疹の時のシャンプーとリンスを使うポイント

頭皮湿疹の時のシャンプーとリンスを使うポイント

シャンプーとリンスについては、特に気にすることもなく、普通に薬局やスーパーで売られているシャンプーとリンスを使っていました。

市販のシャンプーやリンスには、界面活性剤やら、いろいろ配合されているので、敏感肌の人間にとっては、ちょっときつかったかもしれません。

ましてや、脂漏性皮膚炎で頭皮が荒れているのですから、これはよくなかったです。

皮膚科の先生にも言われたとおり、なるべく低刺激なシャンプーとリンスを使い、すすぎを十分にして、シャンプーとリンスが頭皮に残らないようにすることと、毛穴をきれいにすることを心がけました。

頭皮環境を改善するシャンプーを使って、そしてあまり頭皮や炎症部分を傷つけないように優しく洗うことも大事なポイントです。

シャンプーは毎日のことですから、おろそかにはできません。

頭皮にやさしい、炎症を和らげてくれるシャンプーを使えば、頭の脂漏性皮膚炎の治りもだいぶ早くなるものと思います。

>> 頭皮環境を改善する頭皮湿疹におすすめのシャンプーはこちら

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。