脂漏性皮膚炎発症!

脂漏性皮膚炎発症!

2006年6月のある日のこと。

会社で残業をしていた時、急に頭皮に痒みを感じました。

昔からアトピー性皮膚炎で、よく身体の皮膚が荒れていましたが、頭皮が痒くなったことはありませんでした。

「アトピーが頭皮に出るわけないし、ちょっと荒れただけだろう。」と勝手な自己判断を下して、爪でポリポリと掻いていました。(これがまずかった…)


しかし、

痒みはいっこうに治まる気配を見せませんでした。

それどころか、はじめはスポット的に痒かったのが、日が経つにつれ、どんどん痒みの範囲が広がっていきました。

「こ、これは、ヤバイ・・・。」

そう思って、日ごろ皮膚科から出してもらっているアトピー用の薬を塗ろうと思いましたが、その薬は、ステロイドです。

さすがに、頭皮にステロイドはまずいんじゃないか、と躊躇しました。


アトピー性皮膚炎の治療で皮膚科に行っても、頭皮の痒みのことは、なぜか恥ずかしくて言い出せませんでした。

そんなこんなで薬も塗らずに1〜2ヵ月放置した結果、痒みは確実に広がっていきました。

少しばかり焦ってきて、インターネットで症状を調べているうちに、これはアトピーではなく、脂漏性皮膚炎じゃないかと思い始めました。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。